【国交省】建設業の偽装一人親方対策に本格着手 ~建設業の一人親方問題に関する検討会(第1回)を開催~

概要

国土交通省においては、
・老後の生活やけが時の保障など技能者に対する処遇改善
・法定福利費を適正に負担する企業による公平・健全な競争環境の整備
等の観点から、社会保険加入対策を推進しており、企業単位・技能者単位ともに保険加入率上昇が見られるなど一定の効果を得ています。

 一方、法定福利費等の労働関係諸経費の削減を意図して、技能者の個人事業主化(いわゆる一人親方化)が進む懸念や、
偽装請負の一人親方として従事する技能者も一定数存在するものと認識しています。

 このため、一人親方問題について実効性ある施策を検討・推進するため「建設業の一人親方問題に関する検討会」を設置し、
下記のとおり検討会を開催します。なお、本検討会は今年度内を目途に、中間取りまとめを行う予定です。

情報元

国土交通省ホームページ

なにかご不明な点や心配ごとはありませんか?

当事務所は個人情報の保護に関する法律を遵守し、ご連絡いただいた方の情報は、当事務所からのご連絡以外の用途で(法令に定める特別の場合を除いて)使用することはありません。また、売り込み営業も一切いたしませんので、お気軽にご利用ください。